Top>StaffBlog

StaffBlog

2014.11.27

わくわくはもう始まっている~シュトーレンと過ごす時間~

とびっきりの時間を待つわくわくする時間、これもまた心躍るひと時です。
思えばこういう経験、誰しも小さなころから繰り返してはいないでしょうか?

遠足に向けてしおりを作ったりおやつを決められた金額内で選ぶ楽しみ。
夏祭りに浴衣を整えたりおみこしを準備する時間。
運動会に学芸会、お誕生日会...etc

ノエルもこういったシーンがとてもよくあてはまると思いませんか?
12月25日を迎えるために、クリスマスツリーを飾り、ガーランドやリースで家を
デコレーション、定番ながら毎年新鮮に気分を盛り上げてくれるクリスマスソングたち、
パーティの計画を立て、招待する方を決め、
これってもう究極の待つ時間、ではないでしょうか?

そんな待つ楽しみ、ノエルだけのお供が「シュトーレン」です。
Avant=アドベント、ノエルまでのカウントダウンを楽しむ時間には
シュトーレンが欠かせません。
薄くスライスして温かい紅茶と一緒に。スパイスがフワッと口に広がり、
ドライフルーツの甘味、ナッツの食感、コクのある生地、
寒い冬が一瞬にして楽しいものになる魔法のお菓子です。
薄くスライスしてノエルまで、味の熟成を楽しんで。。。そう思いながら
ついついもう一切れ、と後を引く美味しさ。
いつも途中で買い足すのよね、と常連のお客様から伺ったことがあります。
そう、ついつい、がオーバカナルのシュトーレン。

来週からはいよいよ12月、アドベントを楽しんでいただきたい、
オーバカナルのシュトーレンは12月1日(月)発売です。

■シュトーレン
M 1,600円
L  2,300円
*梅田店、博多店:Mのみ販売、京都店は取扱い無

▲ ページの先頭へ戻る

2014.07.23

「Les saveurs d'ete」はこんな想いから誕生しました。

関東地方も梅雨明け宣言、日本各地が間もなく夏本番です。

7/14から発売中の期間限定夏の新作ケーキ「Les saveurs d'ete(サヴールデテ)」、
もうお召し上がりいただけましたか?



グランマルニエがほんのり香り、爽やかなフルーツや軽く仕上げたフロマージュを使用した
2種のケーキ、冷たいアイスコーヒーとの相性も抜群です。

今回このケーキの開発をしたのは、オーバカナルのシェフパティシエと
MOFパティシエ、ニコラ・ブッサン氏。

「夏に食べて美味しいケーキ」を開発するに当たってのポイントや
楽しみ方のコメントをいただきましたのでご紹介します。

■フィンガー・フード・エキゾチック・グラン マルニエ
<by AUX BACCHANALES>
エキゾチックフルーツのそれぞれの個性をいかしたバランスと食感を楽しんでいただければと思います。
ふんわりとしたムースにはゼラチンだけでなくバターを加えています。
そうすることで「軽さ」の中にも、より口どけが良く、さらにコクがプラスされます。

<by Nicolas BOUSSIN>
蒸し暑い日本の夏に、見た目もカラフルで、さわやかなトロピカルフ ルーツを使用したフィンガーサイズのお菓子です。
マンゴーのまろやかさ、パッションフルーツの酸味に、バナナの存在感を加え、そこに、ミントで軽く香り付
けをして、
重たくならないようにしてあります。


■クレムー・ファソン・チーズケック・グラン マルニエ
<by AUX BACCHANALES>
チーズムースのなめらかさをだす為ホワイトチョコレートを使っています。

 

 

爽やかでクリーミーなレアチーズケーキ、見た目も味にもアクセントになってるハイビスカスのジュレ、
じっくりと時間をかけて煮詰めて仕上げます。
全て手作りで作り上げることでそれぞれの絶妙なバランスを完成させました。

<by Nicolas BOUSSIN>

日本では、とても馴染み深い、でも、フランスでは珍しいチーズケーキ。、そ れを細身のフィンガーサイズにすることで、
味だけでなく、見た目もさわやかに仕上げました。
また、近年
健康にもいいといわれているハイビスカスを使用したジュレを添えて、よりさわやか感を出してみました。
更に、クリームチーズにホワイトチョコレートを加え、クリームの酸味とぼそぼそとしがちな食感を抑え、
まろやかさと、しっとり感を出しました。



いかがですか?
今回のケーキ、ポイントは「食感」「口当たりのまろやかさ」。
夏に食べるケーキだからこそ、食べやすく、一方で軽いだけではない、コクを加える工夫が施されています。

両シェフのメッセージとともにお楽しみください。

Bon Appetit!

▲ ページの先頭へ戻る

2013.05.15

Recommendation du MOIS![夏の方程式]

新緑がますます目に鮮やかな季節、二十四節気では「立夏」を迎え、暦の上では夏が始まりました。

フランスでも日に日に陽の出ている時間が伸び、3月末からは夏時間になりました。テラスが気持ちよくなる季節、職場や学校では「今年のバカンスの予定は決まった?」などの会話がちらほらと聞かれるようになりどこと無くウキウキとしてくる季節です。

フレッシュなフルーツや野菜もぐっと色濃く鮮やかに、種類も豊富になり、市場を彩ります。

そんな爽やかな初夏の到来とともに登場回数が増えるのが「ロゼワイン」です!
日本にロゼが入荷し始めた本当に初期の頃のものは、渋みや酸味が強すぎるものが多く、日本人のロゼのイメージはあまりよい印象にならなかった歴史があります。
ところが、本国フランスでは日々進化をとげ、いまや白ワインの消費を超えるほどの大人気ワインとなりました。

なぜそんなにロゼワインが人気なのか?
ひとつにはもちろん、味・クオリティの向上があります。これに伴い種類も豊富になり、多種多様な個性のあるロゼワインが増えました。

そしてもうひとつの理由が「懐の深さ」です。
ロゼワイン、その名のとおり、赤ワインと白ワインの中間?というイメージのロゼワイン。実はこの中間的な位置が赤ワインと白ワインの美味しいとこどりワインなのです。
赤・白それぞれの特徴、香りの赤と、喉ごしの白、この二つのいいところを併せ持つことで、キンと冷やしてはもちろん、リキュールや炭酸で割って楽しむアレンジも自由。
アペリティフからデザートまで様々なお料理とあわせやすい点が、ワイン初心者から玄人までに好まれるワインとしてすっかり定着している理由です。 一年を通じて楽しめるワインですが、やっぱりお勧めは初夏~暑い夏にかけてです。

AUX BACCHANALESではこのロゼワインの魅力・美味しさをご紹介したい、夏を楽しむアイテムのひとつとして知っていただきたい、という思いからロゼを ご紹介して今年で早4年目の夏を迎えようとしています。毎年楽しみにしていただいているお客様も増え、「ロゼがすっかり好きになった」というお声を聞くこ とができると嬉しさで一杯になります。
ロゼ×テラス×夏=AUX BACCHANALES!

これさえあれば、幸せ、の方程式が完成です。

今年は個性豊かな5種のロゼワインをご用意しました。


各店、特にお勧めのロゼとお料理をご用意しています。 個性もさまざまなロゼと各店のお料理、ベストマリアージュをお楽しみください。 各店のお薦めメニューは以下をご確認ください。
⇒各店ブラッスリーメニューはコチラ

そして、今回、オーバカナルからご紹介するもうひとつのお勧めがロゼワインのカクテルその名も『Soleil de PROVENCE(南仏の太陽)』_¥700です! 


南仏で大人気、ビーチやテラスで楽しんでいる人をよく見かけるカクテルは、ピンクグレープフルーツリキュールとロゼを割った爽やかなカクテルです。
爽やかなロゼとグレープフルーツ、ほんのり酸味と優しい甘さ、香りがお互いを引き立てます。フレッシュでフルーティーな新しいロゼの楽しみ方をご紹介しています!

BON APPETIT! 
 

▲ ページの先頭へ戻る